配線をできるだけ短くする

配線をできるだけ短くする

配線をできるだけ短くする プリント基板を設計する際には、各信号線のパターン長を出来る限り短くする必要があります。
パターン長が必要以上に長い場合、デメリットはあってもメリットはほとんどありません。
デメリットの一つに伝送路の配線インピーダンスがあります。
伝送路のインピーダンスはパターンが長いほど増大するため、出力側と入力側の間で反射が生じ、オーバーシュートやアンダーシュートが大きくなってしまい、誤動作やICの劣化にも繋がります。
インピーダンスをマッチングするには、出力の直近にダンピング抵抗を挿入したり、入力側に終端抵抗を実装する必要があるなど部品点数が増加することにもなるため、可能であれば事前にパターンを短くすることで対応します。
配線パターンの長さはタイミングスキューの問題も引き起こすことがあります。
例えば複数のICで同じクロック信号を使用しタイミングを取っている場合、ズレが生じないよう配線長をほぼ同一にする必要がありますが、クロックからの放射ノイズが他の信号線に悪影響を及ぼしかねないため、パターン長で調整するよりはプリント基板上の実装位置で対処すべきです。

配線パターンのインピーダンスを変化させない基板のノイズ対策

配線パターンのインピーダンスを変化させない基板のノイズ対策 プリント基板の配線パターンのインピーダンスは一定ではありません。
そのため、電流が流れるとノイズが発生します。
電子部品が誤動作しない程度のノイズであれば問題ないのですが、高周波電流の場合、少しのノイズでも誤動作の原因となります。
プリント基板のノイズ対策にインピーダンスコントロールがあります。
インピーダンスコントロールとはプリント基板のパターン幅、銅箔の厚み、基準層とGND層の距離、絶縁体の比誘電率からインピーダンスを変化させないようにプリント基板を製造することです。
一定のインピーダンスにすることを特性インピーダンスといいます。
パターン幅を広げたり、銅箔を厚くしたり、基準層とGND層との距離を近くすると特性インピーダンスを下げる効果があります。
基板の不要部分にインピーダンスコントロールの配線パターンと同じ配線層に同じパターン幅のテストクーポンが作られます。
テストクーポンは基板製造完了後に特性インピーダンス値を測定するために使用します。

新着情報

◎2019/3/18

プリント基板をインターネットで依頼
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

耐熱温度の高い基板
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

フレキシブル基板とは
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

リターンパスを確保する
の情報を更新しました。

◎2018/2/9

配線をできるだけ短くする
の情報を更新しました。

◎2018/1/12

サイト公開しました

「基板 配線」
に関連するツイート
Twitter

技術書典では「CPUの創りかた」のTD4基板が売っていたそうです。 私が電子工作を始めたきっかけ、最初に作成したのがTD4でした。懐かしいです。 鬼のように複雑な配線を、ゴールデンウイークの数日間かけて作成した思い出があります(*^▽^*)

紙フェノール基板の PCB マウント、空中配線レベルな気がする

Twitter酔生夢死 (zeriyoshi)@zeriyoshi

返信 リツイート1 0:40

返信先:@karei_key たた Cherry の PCB はよくある FR-4 ガラエポ基板じゃなく紙フェノール基板みたいなのでよくたわむんですよね 直角配線してるとたわんだ時切れたりしそうで怖いです

Twitter酔生夢死 (zeriyoshi)@zeriyoshi

返信 リツイート 0:25

返信先:@karei_key 直角に回路引いちゃうと製造時にパターンが切れちゃうことがあるので危ないかなと いろんな基板配線が斜めにグニャグニャしてることが多いのはそのためですね 調べてみたらノイズ的にも良くないようでした noise-counterplan.com/article/149651…

Twitter酔生夢死 (zeriyoshi)@zeriyoshi

返信 リツイート 0:24

基板というと、銅張り積層板のイメージかな。 高周波などの実験で、銅箔の上に立体配線してる感じ。

うちも,部品実装前の基板(より正確に言えば「プリント配線板」)を「生基板」と呼んでるな。略して「ナマキ」とか「ナマイタ」なんて言ってるときもある。なんなら英語圏でも「raw PCB」で通じてる。

Twitter椚座 くにゅくにゅ/// 淳介@kunukunu

返信1 リツイート8 0:07

RT @kaz_spi: IKUOさん案件。TCのチューナーだと440Hz固定で使える現場が限られるとのことで、キャリブレーションできるKORGのチューナーを取り付け。基板サイズやレイアウトの関係で横向きに入ってます。ボリュームの方もポイントtoポイント配線に変更。 https…

基板、生板といえば部品が搭載されていないプリント配線板ですね。仕事的にエッチング前の板は扱わないので特に混乱なし。実装屋さんも生板って言ってますね。 #生基板

一応はんだ付け出来たけど配線が大変な事になったので次は全部基板実装にしよう😂 pic.twitter.com/pgxd3S0ECZ

中身はこんな感じで、内部配線はプリント基板を用いず、シールド線のみの構成。 半田の個所は比較的劣化が見られないとはいえ、SWや内部配線材にヤニ等で汚れたまま。 時間がある時に地道にクリーニングするとしよう。 pic.twitter.com/jo2Qv3wGTl

Twitter泉 Featuring ニャン太@nyantas_voice

返信 リツイート 昨日 17:19